5月1日は「幸福をもたらす花」スズランの日です

su

スズランはヨーロッパでは幸せを呼ぶ春のシンボルの花とされていて

フランスでは5月1日に、大切な人にスズランの花を贈る風習があり、もらった人は幸運が訪れると言われています。

スズランを贈る風習が生まれたのは16世紀…当日5月1日は愛の日とされていて、男女が花をプレゼントし合ってたそうです。

花言葉は「再び幸が訪れる」「純粋」です。

とても素敵な風習で 日本でも徐々に浸透してきています。